記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S12最終2100達成】ゲンガナンス偽装対面積みサイクル【TENGAナンス】

レート2

はじめまして、ディエゴと申します。シーズン3ぶりの最高レート更新とシーズン4ぶりの2000達成で舞い上がってブログ始めちゃいました。よろしくお願いします!!さて、僕のシーズン12の結果は最高・最終レート2113、最高・最終順位1145141919810位でした。これもうわかんねえな。





パーティ紹介
ゲンガナンス2

きっかけはとある身内同士の10パ大会で純正ゲンガナンスポリ2+積みサイクル軸を使ったことでした。試運転でも大会本番でも一度もゲンガナンスを選出せずに裏の積みサイクルだけで悪くない勝率。何より相手の選出が読みやすくて戦いやすい。どうせゲンガナンスを使わないならゲンガーを襷にして後続のエース枠を増やしたら強そう。そんな感じのお遊び感覚で構築を練っていった結果地雷が盛りだくさんの楽しい構築になりました。



ゲンガー

ゲンガー NN セイラム
選出率75% 先発率96% 選出時勝率60%
性格:無邪気 特性:浮遊 持ち物:気合い襷
実数値:135-86(4)-80-182(252)-84-178(252)
技構成:シャドーボール 気合い玉 凍える風 不意打ち

地雷枠その1。MVPを決めるのならばこのポケモンですね。選出率と先発率を見てもらえば分かる通り殆どの相手に先発で投げていました。ゲンガナンスを想定して出てくる多くのポケモン(ガルーラ、ガブリアス、ゲンガー、鉢巻きアロー、霊獣ランドロス、ギルガルド、ゲッコウガ、マンムー、ボーマンダ、鉢巻きカイリュー等)に対面から打ちかつことでアドバンテージを稼ぎます。積みサイクルの先発はステロを撒くか壁を張るものだと思っていたのですが3-2の数的有利な状況を作り出すことで有利な展開に持ち込む起点作りもアリだということに気づけました。この子は書くことが多すぎるので単体で紹介記事を上げました。



  ナンス

ソーナンス NN フリーキック
選出率28% 先発率38% 選出時勝率64%
性格:図太い 特性:影踏み 持ち物:ゴツゴツメット
実数値:297(252)-×-121(252)-×-79(4)-53
技構成:カウンター ミラーコート アンコール みちづれ

地雷枠その2。クレセ以上のHと影踏みによって少しでも多くのガルーラに対してに1-1交換以上が取れるようにゴツメを持たせた異色のナンス。ガルーラ対面でアンコを押すことで岩雪崩以外の全てのガルーラに1-1交換以上が取れます。甘えた猫騙しやグロウパンチを許さず冷凍パンチで氷を狙ってくる相手にもアンコを当てることで凍ってしまっても処理できます。また、ゴツメのスリップで落ちるターンに道連れを合わせることで1人ゲンガナンスができます。実は辛いのが捨て身から入ってくるパターンで確か203ガルだった場合体力ミリ残しで突破されてしまいますが、結果として捨て身から入ってくる相手はいなかったので岩雪崩の怯みの1回を除いて全てのガルーラを処理してくれました。基本的に対面から倒すことを想定していますが露骨な猫のタイミングでは後出ししていましたね。
受け出しを考える構築ではなかったので行動回数を稼ぐオボンよりも、アンコで起点を作りつつ相手の削りが行えるゴツメは積みサイクルとマッチしていたと思います。



メガリザX

メガリザードンX NN イグニール
選出率60% 先発率8% 選出時勝率57%
性格:陽気 特性:サンパワー() 持ち物:メガ石
メガ前:181(220)-119(116)-99-×-106-155(164)
メガ後:181(220)-165(116)-132-×-106-155(164)
技構成:逆鱗 フレアドライブ 羽休め 龍の舞

サンパワーはご愛嬌、この構築のエース枠。意地HDベース→意地HSベース→陽気Has振りと努力値振りに一番悩んだ子。結局Aを舞逆鱗でガルが飛ぶラインとSを意地ガブ抜きまで振って残りをHに回すのが一番シックリきました。
ゲンガナンスを見て出てくるライコウやロトム等のボルチェン持ち電気タイプやハッサムに強く、ゲッコウガやゲンガーにも弱くないエース枠ということで採用。
積みエースなのですが対ガルーラスタンでは先発ボルトロスを投げられていた場合電磁波を貰いながら後だしして高火力でボルトを吹き飛ばすのが主な役割でした。ボルトを処理してしまえば裏に襷ゲンガーとガルーラキラーのキノガッサがいるので基本的に負けません。エースとは...
技構成は割と一般的なのであまり語ることはありませんね。語ることがあるとすれば龍技をドラクロにするか逆鱗にするかですが、個人的には1舞後に威嚇込みでマンダを倒せる逆鱗を推します。



 メガバンギ

メガバンギラス NN バンチョー
選出率34% 先発率6% 選出時勝率67%
性格:陽気 特性:砂起こし 持ち物:メガ石
メガ前:175-186(252)-131(4)-×-120-124(252)
メガ後:175-216(252)-171(4)-×-140-135(252)
技構成:ストーンエッジ 地震 身代わり 龍の舞

地雷枠その3。マンダやクレセドランに強い枠として裏のエースで普通の身代わりメガバンギラスを採用。普通なのですがゲンガナンスとリザードンを見た相手は普通のメガバンギを想定した選出をしないんですよね。逆の意味での地雷枠です。700族の積みエースを隠せるのは非常に強く選出率は高くありませんがパーティで最も選出時勝率が高い要因は相手に警戒させなかった部分が大きいでしょう。バンギを投げられる=エッジを外さなければ勝ち確定ぐらいの気持ちで選出していました。



色スイクン

スイクン NNスイクン
選出率26% 先発率22% 選出時勝率66%
性格:のんき 特性:プレッシャー 持ち物:弱点保険
実数値:207(252)-96(4)-148-142(252)-135-94
技構成:熱湯 冷凍ビーム 絶対零度 神速

地雷枠その4。とは言ってもVANさんが動画で使っていたので真新しさはないですね。2年程前に中古のHGSSを買い漁って手に入れた秘蔵っ子。この枠は一番悩んだ枠でスカーフポリ2→癒しの願いピクシー→瞑想欠伸ニンフィアとコロコロ変わっていました。100試合ぐらいニンフィアで回していたのですがアロー重すぎ問題で解雇。ガブアローが見れてボルトロスにも勝てるポケモンはいないかと考えたところVANさんの弱保スイクンを思い出して即採用。40試合ぐらいしかパーティにいませんでしたが心に残る活躍をしてくれました。ソーナンスの項目でも言いましたが受け出しを考える構築では無いのでHC振りでよかったと思っています。



  ガッサ

キノガッサ NN TENGA
選出率77% 先発率5% 選出時勝率60%
性格:腕白 特性:テクニシャン 持ち物:オボンの実
実数値:160(196)-157(52)-145(252)-×-81(4)-91(4)
技構成:タネマシンガン マッハパンチ キノコの胞子 剣の舞

地雷枠その5。元々はhBs振りのポイヒガッサでしたがガルーラに安定しないことが気に入らなかったので考えました。ガルーラに勝てるキノガッサを・・・『無振りローキでガルーラが確定2発ということは無振りのテクニマッパでも半分近く入るのではないか?』『HBに振り切っていなくても捨て身が乱数耐えならば振り切った上でオボンを持たせればかなりゆとりを持って耐えられるのではないか?』と考えた末に行き着いたのがクニオボキノガッサ略して†テンガッサ†。どんな型か簡潔に説明すると現環境に存在する全てのガルーラを死に出し対面から起点にします。調整先であるガルーラの討伐率は100%(秘密麻痺の事故一回を除いて)。彼のおかげでガルーラ被選出時の勝率は75%とガルーラスタンを崩す要でした。ガルーラ以外にもガブナットガルドは対面からランドギャラガッサは受け出しから起点にできメガエースポケモンの辛いところに悉く強いこともあり選出率はゲンガーを抜いて1位。特にガルーラの個体数も増えてくる高レート帯ではで暴れまくってました。個人的には積みサイクルに導入するキノガッサの結論と言ってもいいと思います。ポケ徹に投稿しているので詳しいことはこちらからどうぞ。



選出パターン
094.pngor202.png
  +
yakuwarironri66-34.pngoryakuwarironri66-21.png
  +
yakuwarironri66-26.pngoryakuwarironri66-27.png

基本的にこんな選出でした。ゲンガーとナンスから1枚、リザとバンギから1枚、スイクンとガッサから1枚って感じです。
多かったのはゲンガー+メガ枠+ガッサ、ゲンガーでアドが取りづらいクチート軸やエンテイ入りにはナンス+メガ枠+ガッサ、ガッサが起点にしかならないマンダ入りにはゲンガー+メガ枠+スイクンorゲンガー+バンギ+ガッサと投げていました。特に無理することなく起点作り+エース+補完という選出が殆どの試合でできたので並びとしては綺麗だったのかなと思います。タイトルにTENGAナンスとありますがガッサとナンスの並びは特別多く選出した訳でもなく(5回に1回ぐらい)ただ言いたかっただけです。




雑感
グラフ

シーズン中に何度かパーティ調整はしましたが基本の偽装ゲンガナンス軸は変わっていません。全体の戦績は233戦140勝93負、勝率は60%ぴったりでした。1700から1800と1900から2000がやはり鬼門で、この2カ所で対戦数の半分ぐらい使ってますね。4度目の2000到達から2113までは気合い玉とストーンエッジを全当てしたりと相当運が良かったのもありますが8勝1敗で行けました。どのレート帯でも偽装からの奇襲が4試合に1回ぐらいはぶっ刺さるので最大の連敗が3連敗と特に闇に呑まれたりすることもなくピーキーな構築の割には結構安定してました。
積みサイクルは随分使っていますがこの偽装積みサイクルその中でも1番使いやすかったです。理由としてはゲンガナンスという並びが強力かつ対策が簡単(害悪の中でも運要素がなく立ち回り次第で崩すことができる)なので選出や立ち回りが読みやすい点、ピクシーやオニゴーリのような滅びで処理が可能ないわゆる害悪ポケモンやゲンガナンスに露骨に弱い耐久ポケモンの選出を制限できる点の2点からです。
積みエース以外のポケモンはタイマンを重視したポケモンで固めているので積めたら積みますが対面でアドを稼いで殴り勝つ方が多かったです。変則的な対面構築寄りの積みサイクルって感じですかね。対面重視でガルーラに勝てるポケモンがパーティに3匹もいたこともあって上に行く程楽に勝てる相手が多かった印象です。

と、雑感はこんなところですかね。S12お疲れさまでした。S13はモンハンXの発売と被るのでまともにできるか分かりませんが更に上を目指したいですね。下手糞な文章ですが最後まで読んで下さってありがとうございました。質問等はコメントかtwitterからどうぞ
スポンサーサイト

コメント

個人的に今期で1番面白い構築だと思いました!ゲンガーとTENGAガッサ使ってみたいです

フシギバナどうすればいいんですか?

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。