記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【S17 最高2086 最終1955】虚ガッサゲンガー改【レパガッサゲンガー偽装】


6世代最終シーズンお疲れ様でした。皆さん悔いのない結果残せましたか?
私の最終シーズンは最高2100に1歩届かず2086(写真ブレブレ)と残念な結果で終わりました。2100チャレンジで負けて酔っ払いながらレートしたら馬鹿みたいに溶けて最終は1950そこそこ。溶かしたせいでモチベーションが上がらずに最終日に頑張れなかったのも勿体無いなと思ってます。
とはいえ構築の完成度は前回と比べ物にならないぐらい上がっているので僕の最後の構築をどうぞご覧になってください。



構築経緯




今期も色々な構築を考えていたのですが6世代の最後はやっぱり1番得意な偽装構築で1番強いポケモンのガルーラを使おうってことになりました。
そこで以前から考えていた前回のレパガッサゲンガー偽装のマンダをガルーラに変えた並びで試運転したところ50戦した時点で40勝10敗の勝率8割。手応えアリだなということで潜りながら更なるブラッシュアップを繰り返していきました。
※試運転にサブロムを使わせてくれたdynamoさんありがとうございました。



パーティ紹介



レパルダス NN D1
性格:無邪気 特性:悪戯心 持ち物:命の珠
実数値:159(156)-108-97(212)-108-49-158(140)
技構成:めざパ氷 叩き落とす 岩砕き 挑発

調整ライン
HB : 無振りグライオンの地震+ラッキーの投げ+珠ダメ高乱数耐え S : 大体のグライオン抜き

地雷枠その1。前回から続投、自慢の受けループメタ。意味わからん技構成してますがめざパでグライオンを流して裏から出てくるラッキーとバンギに削りを入ることでウルガの一貫を取りやすくすることが狙いです。ムドーを削ってガルーラを通したこともありましたね。ラキバンギかムドーのどちらかを誘ってある程度まで削れたらの一貫とって勝ちです。
前期は受けループとなかなか当たれず机上論止まりでしかなかったこの型ですがいつもSkype通話してる元ポケ徹勢()のみんなと考えただけあって構想通りの動きができました。グライオンにめざパを押すと大体ラッキーかバンギが裏からやってきてくれるので交換読みで岩砕きを押しましょう。格闘最高打点が岩砕きってどういうことだ!せめて瓦割りぐらいよこせ!!
レパガッサ偽装で単体性能の低いレパを基本選出に加えるのはやっぱり弱いと思うのでピンポ型ですがこれで間違いなかったと思います。





キノガッサ NN おばか
性格:陽気 特性:テクニシャン 持ち物:拘りスカーフ
実数値:135-182(252)-101(4)-×-80 -134(252)
技構成:馬鹿力 タネマシンガン 岩石封じ マッハパンチ

地雷枠その2。以前の襷ガッサでは初手のガルーラ対面が不利対面になってしまうこと、奇襲後にSの遅さから負担がかけられずに落とされてしまうことがあり勝ちに直結しない『意表を突いただけ』の状況になってしまうことが多かったです。そこで初手ガルーラ対面で居座れること、奇襲を無駄にせず役割を1度で終わらせないことの2つの条件を満たすことができる拘りスカーフを採用しました。スカーフは襷以上に警戒されないこともあって投げた試合ではよく活躍してくれましたね。
スカーフで懸念される遂行後に後続の起点になってしまう点はカバと猫ガルーラで緩和してます。拘った後にガルーラとカバでもごまかせない積みアタッカーがいた場合選出は控えなければなりません。





ゲンガー NN エルヴィス
性格:臆病 特性:浮遊 持ち物:気合の襷
実数値:135-×-80-182(252)-96(8)-177(248)
技構成:ヘドロ爆弾 めざパ岩 凍える風 道連れ

地雷枠その3。NNはキングオブ『ロック』のエルヴィス・プレスリーから。以前使っていたゲンガナンス偽装の経験から読まれない襷ゲンガーは他のどんなポケモンより初手で試合を決める能力が高いと確信して浮いた襷をこのポケモンに持たせました。
技構成はレパガッサが誘うジャロやニンフに刺さるヘド爆、ウルガモスとファイアローに刺さるめざ岩、ガブマンダに臆さずゲンガーミラーでブラフをかけられる凍える風、最後はガルーラ対面で後続に引かれることまで考えても安定しやすく何かと潰しの効きやすい道連れを採用しました。
道連れの枠は1900くらいまで鬼火で採用していましたがやはり初手ガルーラに対して鬼火を当ててもディスアドになってしまう為居座った場合1-1を取れて後続に引かれても選択肢のある道連れになりました。
具体的な構想としてはガルーラ猫→アローバックという立ち回りに対して鬼火の場合ディスアドにしかなりませんが道連れの場合はめざ岩を押せばアローと最低1-1交換以上が取れる動きが可能になります。ゲンガー対面でも凍風から入って道連れを押せばゲンガーと1-1が取れるか後続を見た上で行動できます。
やっぱり刺さった時の襷ゲンガーの崩し性能は他の追随を許しませんね。沢山のイージーウィンを作ってくれました。最低限の汎用性とピンポメタを両立できるのがゲンガーのいいところだと思っています。





カバルドン NN CANDY CANDY
性格:腕白 特性:砂起こし 持ち物:ゴツメ
メガ前:215(252)-132-187(252)-×-93(4)-67
技構成:地震 岩石封じ 怠ける 毒々

普通のゴツメカバ。パーティの並びや持ち物を変えたことでボルトのめざ氷やガルの冷Bをそこまで気にしなくてよくなりHBに振り切ることができるようになりました。数値受けポケモンを使ったのはいったい何年ぶりだ?ってぐらい久々でしたね。少なくともORASに入ってからは初めてです。
地震 怠けるは確定としてガルクレセ対面の引き先にしたかったこともあってクレセに負担をかけられる毒と最低限の起点阻止になる岩石封じを採用しました。欲を言うとステロが欲しかったんですが技スペが足りなかったですね。安定感のある活躍で縁の下の力持ちとして頑張ってくれたと思います。





ガルーラ NN おとぎねこむ
性格 : 陽気 特性:肝っ玉 持ち物:メガストーン
メガ前:181(4)-147(252)-100-×-100-156(252)
メガ後:181(4)-177(252)-120-×-120-167(252)
技構成:猫騙し 捨て身タックル 地震 冷凍パンチ

どこぞの社長に孕まされたコスプレイヤー。6世代最初で最後のガルモンです。型はミラー対面でも強気に出られて自分より低速を問答無用で吹き飛ばせる最速猫捨て身を採用。
型について語ることは無いですが、やっぱり2回攻撃は壊れですね。不利な状況でも急所や氷で運勝ちした試合は数え切れません。いつも自分がされていた運負けが運勝ちに変わるんだからそりゃあ勝率だって上がります。最後にこいつの強さを知れて良かった。





ウルガモス NN merazoma
性格:臆病 特性:虫の知らせ 持ち物:ラムの実
メガ前:169(68)-×-94(68)-178(180)-126(4)-158(188)
技構成:火炎放射 虫のさざめき 身代わり 蝶の舞

調整ライン
H: 4n+1 C : H振りメガクチートを火炎放射で確定 HB : A200ガブの逆鱗最高乱数切り耐え、一致・親子愛イカサマを身代わりが確定耐え HD : 蝶舞2積みで151ヒードランのマグストを身代わりが確定耐え S : 最速ランドロス抜き


不動のエース身代わりウルガモス。
語ることが多いポケモンなので役割対象や立ち回り等の細かい解説はこちらの単体考察をどうぞ。前回から努力値だけ少し変更、CをH振りメガクチートが火炎放射で確定のラインまで落として残りをBに振りました。ここまで振ることで意地ガブの逆鱗が最高乱数切り耐えまで抑えられ、一致イカサマと親子愛イカサマを身代わりが確定耐えします。ラス1スカガブの逆鱗を下から起点にして上からさざめきで処理したり、親子愛をトレースしたHBポリ2も安全に起点に出来る調整です。




選出パターン

基本選出や選出の順番は特に決まってませんでしたがとにかくガルーラは投げるようにしてました。試合展開で心がけたいのは奇襲を通して数的有利の状況からガルーラを暴れさせること、ガルーラを初手で暴れさせてスカガッサやウルガモスを通すことですね。




汎用選出(相手視点で裏選出)



困ったらこれ投げとけばいいです。具体的に投げたい相手はヘラクレセとかポリクチみたいなウルガが通しやすくて奇襲が通らなさそうな時ですね。ガルーラとカバで削って最後にウルガを通します。この選出は相手視点で裏選出なので初手で選出が割れていることを頭に入れておきましょう。



基本選出1

or

ランドスイクンやマリゲン、カバリザみたいな奇襲が通しやすくて(奇襲を通さないとキツくて)カバが刺さらないもしくはウルガが通しやすい構築にはこのどちらか。



基本選出2

or

テンプレ厨パへの選出が多かったのがこの選出。炎枠がバシャならガッサ、アローならゲンガーを投げます。ガッサかゲンガーで1-1以上取れればまず負けません。保管でクレセが入ってるような厨パはこの構築にクレセを出さないのでこれでOK。



受けループ



大体の人がグライ ムドー バンギorラキと投げます。レパが構想通り動けたらウルガかガルーラを通して勝ちです。



雑感
前回の構築より断然パワーアップしました。ゲンガーとガッサを勝てる型に変えたこととガルーラのぶっ壊れた単体性能のおかげですね。2100に間違いなく届く強い構築だっただけにモチベーションを維持できなかった自分の弱さが腹立たしいです。この悔しさは7世代で精算するぜ!!
ここまでご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。